小さなお別れ

今までは大規模な葬儀が一般的でしたが、現在では小規模でも葬儀を行えるようになっています。参列者が少ないと見込めたときや、費用を低価格で抑えたい場合なども適応できます。

身内の中での見送り

盛大い執り行う葬儀のほかには、身内が集まって執り行う家族葬があります。親戚や間柄が近い人々と話し合いがまとまれば、家族葬がスムーズに行えるので故人をゆっくり見送れます。

故人の私物を整理

持ち主が私物を片付けることが手っ取り早くても、故人となってしまった人は片付けることができません。遺品整理に困ったときは、業syあに依頼すると手早く作業を終えてくれます。

様々なスタイルの葬儀

残された者たちのための儀式

自分のための式でありながら、自分がその場に出席することができない儀式が葬式です。葬儀にまつわる一連のことを運ぶのは、残された遺族の役目です。お葬式とは故人をしのぶための式であり、個人の知人友人などの関係者に対して故人の死を報告する場だけではなく、遺族である自らの関係者に対して肉親の死を報告する場でもあります。一見お葬式というのは故人のために開くもののように見えますが実際は遺族をはじめ残された者たちのために用意された儀式です。葬儀というのは故人とのお別れの時間であり、人の死を通じて自分自身の死について改めて考えるための大切な機会になります。最近は家族葬や直葬などが多くなっており儀式が簡略化される傾向があります。

今すぐにできる死の準備

世の中には色々な事柄があり、またそれぞれにその段取りというものがあります。死という出来事に関して程、段取りが難しいものはありません。自分の死の段取りにかかろうとするときには少しのためらいがあることでしょう。先延ばしにしたところで死は必ずやってくるものですから、気が付いたときに段取りするのがベストといえます。とはいってもどこで準備すればいいのかわからないというのが本音だと思います。まず最初は葬儀社に行って葬儀費用の相談などを行ってみてはどうでしょうか。具体的な金額が出てくるのにつれ、自分の死後のことがイメージできるのではないでしょうか。注意すべきことは事前に相談に行ってみて細かい見積もりを出してくれて、担当者がコロコロと変わらないことが重要なポイントとなります。実際に葬儀をやってみないとわからないなどという業者は却下したほうが無難です。