身内の中での見送り

家族葬の詳細について

喪主が高齢であること、会葬者が少ないと予想されることなどから、家族葬を選ぶ人が増えています。けれど、家族葬を選択する場合に、いくつかの考慮すべき点があります。 まず、故人の遺志とともに、身内や親族の了承を得ることも大事です。なぜなら、一般葬で盛大に見送ってあげたいという考えもあるからです。 さらに、家族葬は身内や親族だけでひっそりと見送りますので、友人や知人などの会葬者は参列することができません。そのために、家族葬が行われたあとに、友人や知人が自宅を訪れて焼香をするケースが多々あります。そのような時に、快く招き入れる配慮が必要です。また、故人の遺志を尊重して家族葬を行ったことを説明して、理解を得るようにしましょう。

知って得する家族葬の豆知識

葬儀と言えば一昔前までは、親族をはじめ故人が生前親交があった大勢の友人知人に参列していただいて、盛大に見送るのが当たり前でしたが、最近では家族だけで葬儀を済ませる家族葬が増えてきてます。 家族葬が増加した背景としては、個人の意向や遺された遺族の負担軽減などがあげられます。、家族葬の一番のメリットとしては最後のお別れを周りの目を気にせずにゆっくり行うことができることです。また、家族葬は葬儀場の人件費や設備費用が抑えられるため、葬儀会社への支払が従来の葬式よりも低額に抑えることができます。 まだまだ普及しているとは言いづらい家族葬ですが、メリットもたくさんあるので、この機会に一度ご家族で話し合ってみてはどうでしょうか。