小さなお別れ

小規模でのお葬式がトレンドに

人が亡くなるとお葬式を行うという風習は古代からあるものですが、お葬式の形は時代とともに移り変わります。日本では、近隣住民が遺族に協力してお葬式を出すという形が主流でしたが、今となっては地方の一部地域で残るのみとなっています。また、友人知人をはじめ、多くの方が参列する形を一般葬と呼ばれていますが、近年ではそれ以外の葬儀に注目が集まっています。 近年のお葬式の特徴は、小規模で開催されるということです。故人の付き合いが狭かったという事例もありますが、故人や遺族が小規模での実施を希望するというのが近年良く見られる特徴です。小規模で開催するお葬式には、家族葬や密葬があります。あらかじめ特定の方にのみ亡くなられた事実や葬儀日程を知らせ、葬儀を行います。

葬儀社によって異なるプラン

小規模なお葬式が選ばれるのは、親しい方だけで気兼ねすることなく故人を偲ぶことができるというメリットもありますが、近年では費用面を理由として挙げる方が多いのも事実です。広く会葬者が集う一般葬に比べ、家族葬や密葬は割安です。 こうした背景もあって、葬儀社では価格競争が進んでいます。特に、家族葬や密葬のための特別プランを設定するところが多くなっています。そのため、同じ地域の葬儀社でも価格に差が出るため、事前に問い合わせをしておくとよいでしょう。ホームページも便利ですが、直接スタッフと話すことでより詳細まで確認することができます。 こうした専用の葬儀プランを利用する場合、金額だけでなく、何が含まれているかについて確認することが大切です。棺・祭壇・遺影・霊柩車など最低限のものが含まれているのが一般的ですが、希望するオプションによって総合的な費用は異なってきます。詳細の確認を怠らないようにするのも重要です。